オンライン英会話 ビジネス英会話

電話でビジネス

オンライン英会話ビジネス
国際電話で海外クライアントと、
ビジネスの打合せをしなければならない時があります。

 

近年は通信技術の発達によって、
固定電話であれば国内での電話と同じレベルの音質で
会話ができるようになりました。

 

それでも、スマートフォンでの会話となると、
やはり聞きづらいことがあります。

 

オンライン英会話の場合は、
ヘッドフォンをつけての英会話の練習となるので、
音声の品質の面では問題はほとんどないと言って良いでしょう。

 

実は、電話での英語のリスニングは、
日本人にとって最も不得意とする事ではないでしょうか。

 

海外クライアントの話をしている事が理解できれば、
自分の言いたいことを英語で何とか返答できる人は多いのです。

 

リスニングの強化を図るためには、
オンライン英会話のネイティブ講師のスピーキングを、注意力を集中して聞くことです。

 

そうすれば、英語のリエゾンやリダクションに徐々に慣れてくるものです。

 

そして、理解できなかったスピーキングについては、
ネイティブ講師にどんどん質問をしましょう。

 

このようなトレーニングをできるところが、オンライン英会話の良い所ですね。

 

次に、電話がかかってきた時に、
相手が英語を話すネイティブであった時の即座の対応の仕方です。

 

英語での対応の仕方を覚えておかないと、冷や汗を掻くことになってしまいます。
これは、基本的な事ですので、しっかり覚えておきたいところです。

 

オンライン英会話では、ビジネス英会話の経験を多く持つ講師が在籍しています。
ぜひ、電話でビジネスのシーンのレッスンを、受けてみてください。

 

ところで、電話による英語での対応の仕方には、一定のパターンがありますので、
比較的容易に覚えることができるのではないでしょうか。

 

 

 

幾つか、例文を示します。
Please put me through to Mr. Read. リードさんにつないでください。
Hold the line, please. 少々お待ちください。
Let me transfer you to the development department. 開発部におつなぎします。
I’m afraid Mr. Read is on a business trip. 申し訳ありませんが、リードは出張中です。
Would you like to leave a message. メッセージは、ございますか。

 

 

 

この類のパターンは、幾通りか想定できますので、パターン毎に覚えましょう。
言い方が分らないようなことがあったら、
オンライン英会話のネイティブ講師にしっかり質問してみましょう。

 

更に次のステップとして、ネイティブ同士が電話をする場合、
はじめにどのような挨拶から始めているのかを覚えましょう。

 

日本人が学校で習う挨拶の仕方は、
How are you? その返礼は、Fine, thank you. ですね。

 

ネイティブが電話をするのを脇で聞いていると、親しい間柄である場合は、
What’s up? や How are you doing? という言い方を多く使っていました。

 

日本人が学校で習った英語の言い方を、ネイティブが日常的に使っているとは限りません。
むしろ、別の言い方をしている事の方が、多いかもしれません。

 

ぜひ、オンライン英会話の講師に聞いてみると良いでしょう。