オンライン英会話 ビジネス英会話

ビジネスミーティング

オンライン英会話ビジネス
海外クライアントからビックプロジェクトを請け負った場合、
ビジネスミーティングは欠かせません。

 

何回かミーティングが必要な場合は、
海外クライアントの事務所へ出向いて、
ミーティングを行う回数が多くなります。

 

逆に、クライアントの方から日本に来ていただいて、
ミーティングとなることもあります。

 

海外クライアントの事務所に出向く場合は、
大勢で行くことはできませんので、
少数精鋭で交渉することになります。

 

プレゼンテーション用の資料はしっかり作成して持っていくものの、
普段から、オンライン英会話で欠かさず勉強していないと、打合せにはなりません。

 

日本を出発する前は、毎日オンライン英会話で、
リハーサルのつもりで英会話レッスンをする人もいる位です。

 

プレゼンテーションは、
上手と下手ではクライアントへの印象や会社の信頼にも影響してくる、
重要の仕事の1つです。

 

ネイティブは、プレゼンテーションによって自分を売り込むのが上手ですので、
逆にとても参考になります。

 

オンライン英会話で、ビジネス英会話の教育に経験を持っている講師から、
レッスンを受けるべきテーマの1つでしょう。

 

 

良いところは、ためらわずに真似をすることです。

 

 

近年は、IT革命のお蔭でテレビ会議システムを利用して、
ミーティングをすることが多くなりました。

 

一度、海外クライアントの事務所に出向いて挨拶を行い、
クライアントの人柄が判ってくれば、
テレビ会議は、移動時間と移動のための費用を抑えるのにとても効率的です。
オンライン英会話のレッスンと、同じ効果が期待できるのです。

 

 

また、会社内でテレビ会議を行えば、クライアントの質問によっては、
担当者を急遽呼んで答えてもらうことができるので、
ミーティングをスムーズに進めることができます。

 

さて、ミーティングの後には、
Minutes(議事録)でお互いに合意した項目を確認する事になります。

 

通常は、請負会社側で作成するのが一般的ですが、
英語の議事録になりますので、
クライアントが快諾してくれれば、
クライアントのスタッフに作成してもらった方が速く作成できます。

 

ミーティングをしている最中に合意事項をどんどん書いていって、
ミーティングの最後にお互いに打合せ事項が間違いのない事を文書で確認し、
サインができるからです。

 

さて、クライアントのミーティングでは、交渉に良く使う英語表現がありますので、
覚えておくと便利です。

 

特に、反対のことを言わなければならない時は、

 

 

I see what you mean, but
Your comment is important, but

 

 

など、一旦、クライアントの意見を尊重した後で、
自分のコメントを伝えると雰囲気が和らぎます。

 

 

このようなテクニックについては、
オンライン英会話のネイティブ講師から、
ビジネス英会話の一環として教わると良いでしょう。

 

ネイティブ講師は、
ビジネス英会話の教材に載っていないようなテクニックも知っているからです。

 

そのような理由もあり、ミーティンッグのリハーサルは、
ぜひ、オンライン英会話でレッスンすることをお奨めします。