オンライン英会話 ビジネス英会話

特定分野別オンライン英会話

オンライン英会話 ビジネス
オンライン英会話の中には、
特定分野に特化したビジネス英会話スクールがあります。

 

 

1つは、マネージメントについて学ぶオンライン英会話です。

 

 

英会話が十分に話せて、マネージメントができるとなると、
外資系企業に勤めていた方が想定されます。

 

人事や人材開発のマネージャー、会計、金融関係のマネージャー、
営業部門のメネージャー、技術系のマネージャーなど、
一言でマネージャーと言っても、いろいろな職種がありますね。

 

会社の人材採用や収益、損益計算のまとめ、同業他社との交渉やM&Aなど、
いろいろな問題をリーダーとなって解決していかなければなりません。

 

実際に、外資系企業で専門の職種に携わってきた経験があり、
英会話の基礎が備わっている方などがレッスンを受ける対象となるでしょう。

 

マネージャーとしての英会話に磨きをかけ、
ワンランクアップの英会話力を得るために、
勉強する方がほとんどではないでしょうか。

 

英語で外国人をマネージメントしていくのですから、業務は容易ではありません。
その代り、報酬もそれなりの額となるはずです。

 

このような方は普段忙しいので、
オンライン英会話でレッスンを受けるのに向いているのです。

 

 

次に、医師や看護師に特化したオンライン英会話もあります。

 

 

医師や看護師が、
外国人の診療をする際に必要となる英会話を専門的にトレーニングするのです。

 

医療といっても、整形外科、呼吸器系、循環器系、消火器系など専門が分れますから、
分野毎に専門の英単語、英語表現を学ぶことになります。

 

もともと医師は、英語やドイツ語は得意でしょうが、
近年、日本を訪れる外国人観光客が増えている折、
外国人の急患を診察する機会が増えてきているのでしょう。

 

医師も英会話力に磨きをかけることが必要となってきており、
医師、看護師特化型オンライン英会話は増えてきています。

 

 

更に、最近は学校の教師向けのコーナーを設けるオンライン英会話があります。

 

 

文部科学省の諮問会議において、中学校、高等学校の教師は、
2020年までに準一級の英検資格を持つことを目標とすることが定められました。

 

ところが、現実には準一級の資格を持っている教師は、
目標数にかなり及ばないのです。

 

全国にいる多くの教師自身が英会話の勉強をしなければなりませんから、
教師向けコーナーのあるオンライン英会話は人気を集めると思います。

 

将来的に需要があれば、ある特定の分野に特化したオンライン英会話が、
今後も設立されていくのではないでしょうか。