オンライン英会話 ビジネス英会話

オンライン英会話と学校の授業

オンライン英会話 ビジネス
オンライン英会話の活用法として、
早朝や深夜にレッスンができるという特徴を活かした
ビジネスパーソンへのサービス提供と共に、
学校の英語の授業への導入が期待されています。

 

 

学校の英語の授業に関する国の方針が、
大きな転換点を迎えているからです。

 

文部科学省の有識者会議が、
学校の教科書をデジタル教科書に変えていく方針を諮問しました。

 

生徒にタブレット端末を配布して、教科書を電子化していくということです。

 

また2020年には、
中学校や高校では英語の授業は英語で行うという方針も打ち出しているのです。

 

タブレット端末が各生徒に行き渡れば、
いろいろな機能やアプリが利用できるようになります。
そのアプリの1つとして、スカイプソフトウェアが利用できるようになるのです。

 

オンライン英会話は、スカイプソフトウェアを利用しますので、
ハード的な面での利用環境が整うことになります。

 

英語の授業は英語で行うという方針に関しては、
教える側の教師の英会話レベルの課題が有ります。

 

まだ多くの教師が、
文部科学省が目標としている英検準一級の資格を得られていないのです。

 

その資格を取ったとしても、
英語のスピーキング力はネイティブに及ばないでしょう。

 

これは、教師が日本人である以上、当たり前の話であると思います。

 

そのためネイティブ講師から直接英会話レッスンが受けられる、
オンライン英会話を活用することが、
解決策の1つとして考えられます。

 

 

このように学校の中で、
オンライン英会話を利用した授業が進む環境が整えられつつあるのです。

 

 

では、実際に学校で、英語の授業での利用は、
どの程度進んでいるのでしょうか。

 

ある私立の中学高校の一貫校では、
すでに海外の有名大学への留学を目指すクラスの英語の授業に、
オンライン英会話が導入されています。

 

この導入により、
英語の授業でも前向きに英語を発言できるようになったとの声が挙がっています。

 

また、別の私立校では、夏休みの宿題として取り組んでいるところもあります。

 

現在のところは、
以上のように私立の学校によって先駆的に行なわれている程度になっています。

 

英語の授業は、文部科学省の学習指導要領に基づいて行われます。
文部科学省が、デジタル教科書や英語の授業を英語で行う方針を固めた以上、
学習指導要領への具体的な反映がいずれ行われることになります。

 

この学習指導要領の改訂によって、公立、私立を問わず、
学校においてオンライン英会話による英語の授業が普及することを、
願ってやみません。