オンライン英会話 ビジネス英会話

講師の担任制と選択制

オンライン英会話 ビジネス
オンライン英会話のビジネスコースでレッスンをする場合、
講師の決め方には担任制と選択性があります。

 

 

担任制ではオンライン英会話に入会する際に、
あらかじめ講師を決めてビジネス英会話を
勉強することになります。

 

受講生側では、
どのような講師が在籍しているのか分りませんので、
希望する講師の条件を言って
スクールに決めてもらうことになるでしょう。

 

あるいは、何回か無料体験レッスンを行って、講師を決めることもあります。

 

担任制の場合は、講師が受講生一人一人のビジネス英会話力を良く理解した上で、
レッスンを行うことができます。

 

またテキストを使う場合であっても、
何ページまで進んだのかが講師側と受講生側の両方で分っていますので、
次回のレッスン内容をお互いに確認し合い、
受講生は復習や予習をすることができるメリットがあります。

 

一方、選択性は、レッスンの予約を取る時に、
講師の紹介文などを読んで予約することになります。

 

講師にとってみると、初めてレッスンを行う受講生のレベルは分りません。
その時の為に、通常オンライン英会話では、
受講生には、過去のレッスン履歴が残っています。

 

講師はその履歴をみて、受講生のレベルを把握し、
ビジネス英会話のレッスン内容もあらかじめ想定しておいて、
レッスンに臨むことになります。

 

受講生側も、どのようなレッスンになるのか楽しみでありながらも、
一抹の不安を持ってレッスンに臨むことになります。

 

選択制の場合、受講生が講師にニュースの記事などを事前に送っておいて、
受講生側がレッスン内容について希望を提示しておくことも、
レッスンを実りあるものにする1つの方法です。

 

オンライン英会話の選択性は、ポジティブに考えれば、
いろいろな講師とレッスンを通じて会話を楽しむことができるシステムなのです。

 

一般的に言えば、初級から中級の方は、
担任制の方が体系的なビジネス英会話のレッスンを行うことができるので、
向いているかもしれません。

 

中級から上級の方は、いろいろな講師と会話ができるので、
選択制を選ぶメリットはあります。

 

それでも、上級者の方だって、体系的なレッスンを行って、
自身の英会話力をアップしたいと考えている方は多いはずです。

 

そこで、オンライン英会話としての講師の予約システムとしては、
選択制を採用しておいて、
最初に何人かの講師とレッスンを行うシステムはどうでしょうか。

 

自分に合った講師を見つけて、
それ以降はその講師とレッスンを継続してみるというシステムです。

 

しばらくレッスンを行ってみて、モチベーションが下がってしまったら、
別の講師とレッスンを行えば良いのです。

 

いわば、選択制先行型担任制とでも言えば良いでしょうか。

 

オンライン英会話の講師の選択にあたっては、
このようなフレキシブルな予約システムが望ましいのではないでしょうか。