オンライン英会話 ビジネス英会話

子供の英会話レッスン

オンライン英会話 ビジネス
幼児期から小学校卒業くらいまでの子供に、
英語に親しませようとする機運が高まってきています。

 

 

元々は、小学校での外国語活動の始まりが
発端となっていると思いますが、
中学校や高校での英語の授業の取り組みレベルが
高くなってきていることも、
理由の1つとなっています。

 

更には大学入試のなかで、
英語のリスニングはすでに試験科目となっていますが、
スピーキングもテストの対象とする検討がされていることも
影響しているでしょう。

 

 

このような世の中の英語に対する趨勢を受けて、
最近は幼児向けの英語も人気が高いようです。

 

 

幼児の場合は、日本人の英語の先生と歌を歌うことや英語のゲームなどの、
遊戯を行いながら英語に自然な形で触れるレッスンをしている
英語教室が多く見受けられます。

 

小学生になると外国語活動の中で日本人の担任の先生以外に、
外国人の英語指導助手が活動の支援をしますので、
子供達は、初めてネイティブと接することになります。

 

ただし、数十名の生徒に一人のネイティブですので、
接する時間は限られてしまうのが現実でしょう。

 

この幼児から小学校の年齢の時期に、実は、日本人の英語の先生ではなく、
ネイティブの先生と接することにこだわることがとても大切と考えています。

 

幼少時代には、英語の単語を覚えることが重要なのではなく、
ネイティブと接する機会を多くしてネイティブに臆することなく接する
感覚を形成することが大切と思うからです。

 

幼児期にネイティブと接した記憶が残ると、
大人になっても決して忘れることはありません。

 

逆に、年齢を重ねれば重ねるほど、
若い頃の記憶が鮮明によみがえってくる経験を持っている方は、
多いと思います。

 

働き盛りになって、
ビジネスの中でネイティブと仕事をしていくことになった時、
この幼少期の原体験が、大きく影響してくるのです。

 

オンライン英会話で、
ネイティブ講師からビジネス英会話のレッスンを受ける場合も、
同様です。

 

臆することなくネイティブと接することができる感覚を持っている方は、
初対面のネイティブとの交渉でも堂々と接することができます。

 

ビジネス英会話の上達も早いのではないでしょうか。

 

現在、ビジネスで英語を使って仕事をされている会社員の方々は、
時代の潮流が現在とは異なっているため、
幼少時代にネイティブと身近に接する機会は、
ほとんど無かったのではないでしょうか。

 

そのため、
子供時代にネイティブと接することの大切さを感じていると思います。

 

ネイティブとお子さんが直接接するのが最も良いと思いますが、
それが難しいならネイティブ講師系のオンライン英会話を利用する
ことをお奨めします。