オンライン英会話 ビジネス英会話

TOEIC

オンライン英会話 ビジネス
TOEICは、
Test of English for International Communicationの略称で、
日本人のように英語を母国語としない人のための、
英語コミュニケーション能力を評価するためのテストです。

 

世界で試験が行われていますが、
運営元はアメリカの非営利団体である
Education Testing Serviceです。

 

日本では国際ビジネスコミュニケーション協会が、
試験の取りまとめを行っています。

 

 

日本では、ビジネス英会話能力の1つの指標とされていますので、
多くの方がテストを受けています。

 

 

企業でも、オンライン英会話による企業研修の達成度を測定するテストとして、
活用しているところがあります。

 

そのため、ますますビジネス英会話の能力を測定するテストとして、
TOEICは知名度が高いのです。

 

テストは、リスニングテストが45分の時間の中で100問の質問に答え、
リーディングテストでは、75分間の間に100問の質問に答える形式を取っています。

 

2012年度には、230万人を越える日本人がテストを受けました。

 

オンライン英会話でも、TOEICの試験対策コーナーを設けているスクールがあるほどです。

 

特に、そのようなコーナーを設けていなくても、
ネイティブ講師などはTOEICの試験対策を得意としている方がいます。

 

その為、オンライン英会話の講師紹介欄を、丹念に読んでみることをお奨めします。

 

思わぬ良い講師から、
TOEIC試験対策のレッスンを受けることができるケースがあるのです。

 

さて、TOEICに関連するテストとして、
TOEICスピーキング/ライティングテストがあります。

 

TOEICは、
英語のリスニングとリーディングをメインとしたマークシート形式のテストです。

 

どうしても、スピーキング能力やライティング能力を測り難いという難点がありました。

 

その難点を解決するために用意されたのが、TOEICスピーキング/ライティングです。

 

プレゼンテーションやE−メールの作成をテストの対象としていますので、
正にビジネス英会話の能力を評価するためのテストと言って良いでしょう。

 

テスト時間は、スピーキングが20分、ライティングが60分で、
英語での説明を含めた全体で90分程度となっています。

 

受験者は、パソコンで自分のスピーキングを吹き込み、
ビジネスを対象とした英文を打ち込みます。

 

このテストは、Internet Based Testing(iBT)というシステムを利用して行われます。

 

コンピュータのディスプレイ上の問題に対して回答する方式を採っていますので、
オンライン英会話での模擬試験が可能なのです。

 

このテストで高得点を取るには、
オンライン英会話でしっかりスピーキングのレッスンを受け、
スカイプのメッセージ機能を利用してライティングの指導を受けた後に、
テストに臨むのがお奨めです。

 

テストの日が近くなったら、毎日オンライン英会話を利用して、
テストを模擬したレッスンを受けておけば万全です。