オンライン英会話 ビジネス英会話

全商英検

オンライン英会話 ビジネス
全商英検は、公益財団法人である
全国商業高等学校協会が実施している英語検定です。

 

 

主に全国の商業高校に通学している高校生を、
対象としています。

 

 

文部科学省の学習指導要領に沿った
内容のテストとなっていますが、
商業高校の生徒が対象ですので
ビジネス英会話も含んでいます。

 

自分の英語能力が分れば就職活動に活かせるのは無論ですが、
国際学科のある大学の推薦入学を希望する場合も、
全商検定を受けておくことが望ましいでしょう。

 

テストは、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの
4技能について行われます。

 

商業高校の生徒の中でテストを希望する方々は、
リスニング、スピーキングのテストがありますので、
オンライン英会話によりレッスンをされると良いでしょう。

 

テストは、第4級から第1級の4つのレベルが設けられています。

 

4級と3級の検定料は1,200円、2級と1級の検定料は1,300円で、
年に2回実施されることになっています。

 

第1級になると、
リーディングについては、ビジネス英語を含む高度の英語が分る、
ライティングでは、ビジネス英語を含むやや長い英文を書ける、
リスニング、スピーキングでは、やや長い英会話を聞いて、
質問に答えたり、英会話のやりとりができる、
というレベルになっています。

 

1級を目指す高校生には、オンライン英会話での
リスニング、スピーキングのトレーニングが、とても役立つと思います。

 

学校での英語の授業で不足になりがちなリスニング、スピーキングのレッスンを
補うためにも、オンライン英会話は費用的にも負担が少なくて済むこともあり、
商業高校の生徒の方には良いのではないでしょうか。

 

全国商業高等学校協会の英語検定についての挨拶にもあるように、
使えない英語を詰め込む時代は終わったと言って良いでしょう。

 

これからは、実際にネイティブとコミュニケーションすることにより、
相互に理解を深めるツールとして英語を学んでいくべきなのです。

 

そのためには、ネイティブ講師のいるオンライン英会話が、
目的に沿っていると思います。

 

ぜひ、学校の英語の授業の一環としてオンライン英会話を導入されることを、
お奨めします。

 

さて全国商業高等学校協会では、商業高校にふさわしいビジネス文書実務検定試験や、
ビジネスコミュニケーション検定試験も実施されています。

 

世の中のビジネスを正しく理解するために、商業高校の生徒の方々には、
これらのテストも併せて受験されてはいかがでしょうか。

 

きっと将来、仕事に役立つと思います。