オンライン英会話 ビジネス英会話

日商ビジネス英語検定

オンライン英会話 ビジネス
日商ビジネス英語検定は、
日本商工会議所が行っている
英語のビジネス書類作成や海外取引に関わる
英語の能力を測定するテストです。

 

このビジネス英語検定試験は、
英語のライティング能力に重点をおいており、
自分の考えたことを英文で正確にネイティブなどの
相手に伝える能力をテストします。

 

例えば、英文の報告書、契約書、あるいはE-メールでの
コミュニケーションを念頭において、その能力を問う問題が多く出されます。

 

E−メールの作成は、実際の海外取引において頻繁に行っていますので、
オンライン英会話でもE−メール作成のクラスを設けているスクールがあります。

 

日商ビジネス英語検定のテストは1級から3級まであり、
各級のレベルはおおよそ次のようになっています。

 

3級は、就職前の段階を前提として、
ビジネスコミュニケーションの基礎的な理解力があるかどうかのテストです。
最低限覚えておくべきビジネス英語を試験します。

 

2級は、就職後1、2年の間に覚えるべき、
ビジネスコミュニケーションの基礎的な理解があるかどうかのテストをします。
具体的には、英文E−メール、英文レターの作成、
国際マーケティングに関わる知識などについて問題が出されます。

 

1級は、海外取引の経験が数多い方を対象としており、
英語による十分なビジネスコミュニケーションの理解力があるかどうかのテストをします。

 

 

ビジネス英文書を作る、英語の長文を理解する、
国際売買契約や国際金融などの国際的な実務を英語で遂行する、
などの能力を問われることになります。

 

 

実際の市況分析、英文契約書の作成、英語によるプレゼンテーションの方法を含む
ビジネス英話の総合力を持っていることが、合格するためには必要になってきます。

 

このテストは、
全て試験会場にあるパソコンを通して、質問に対して回答する形式を取っています。

 

そのため、3級と2級については、テストが終了後、
すぐに成績が分る仕組みになっています。

 

1級については、記述式問題があるため評価に時間を要することから、
合格不合格は数か月後に通知されることになっています。

 

テスト代は、3級が4,000円、2級が5,000円、1級が7,000円となっています。

 

オンライン英会話でも、ビジネス英会話のコーナーのあるスクールでは、
国際取引の実務について学ぶことができます。

 

それに加えて、オンライン英会話では、ビジネス英会話のリスニング、スピーキングも
併せて学ぶことが出来ますので、ぜひ試してみてください。