オンライン英会話 ビジネス英会話

観光英語検定

オンライン英会話 ビジネス
観光英語検定は、
全国語学ビジネス観光教育協会が主催する
旅行や観光に関する英語検定試験です。

 

観光のさまざまな場所や場面で
適切な英語の言い方があります。
この英語検定では、
そのような英語について英語能力をテストします。

 

平成1年からテストが始まり、
受験した方は既に延べ20万人を越えています。

 

近年、日本に来日する外国人が急激に増えていますので、
国内でも宿泊施設や史跡名所などのいろいろな所で、
観光英語に関心が高まっています。

 

この観光英語検定を受験される方も、今後ますます増えていくものと予想されます。

 

本検定は、3つの能力レベルが設けられています。

 

 

3級
海外旅行の際、少人数の同僚と英語を使って実際に旅行ができる、
あるいは、日本に来た外国人に対して、
案内役ができる程度の英語力を持っていることを目標としています。
高校2年生レベルの英語力を目指します。

 

オンライン英会話なら、Lower-intermediate クラスでしょうか。

 

 

2級
海外旅行を1人で旅行し、宿泊や買い物の際の英会話を単独で出来るレベルです。
日本においては、ネイティブに観光名所を英語でできることを目標としています。
高校卒業レベルの英語力を目指します。

 

オンライン英会話なら、Intermediateクラスでしょうか。

 

 

1級
海外旅行で日本人客をもてなし、現地の人と旅行についての交渉などを行い、
添乗業務ができる。
また、海外旅行先の習慣や礼儀について熟知し、日本人旅行者に紹介ができる。

 

海外から訪れたネイティブに対し、ホテルでの英語によるおもてなし、
観光名所の通訳ガイドができる程度のレベルを目標としています。
語彙力は、8,000語以上を目指しています。

 

オンライン英会話なら、Advanceクラスでしょうか。

 

どのクラスのテストでも、海外旅行の際に必要となる専門的な英語の専門用語、
国際的なマナーや習慣を念頭においた設問となっています。

 

2級試験を例にとれば、筆記試験が60分、リスニング試験が30分となっています。

 

3級と2級は、合格率が50%台ですが、1級は2%と極端に合格率が低くなります。

 

1級を合格するためには、
海外旅行の一連の業務についての英語のボキャブラリーをしっかり覚えること、
リスニング力、ひいてはスピーキング力をつけることが大切となってきます。

 

オンライン英会話の中では、
海外旅行のカリキュラムを用意して
レッスンができるようにしてあるスクールがあります。

 

観光英語検定を受けようとしている方には、オンライン英会話によるレッスンは
とても役立つスクールと思います・

 

そのようなオンライン英会話を探して、レッスンを積み重ねれば、
1級合格も決して夢ではありません。