オンライン英会話ビジネスコース・フィリピン人講師編

オンライン英会話ビジネスコース・フィリピン人講師編

オンライン英会話ビジネス
フィリピン人講師系のオンライン英会話でビジネス英会話を学ぶ利点は、
その格安性にあると言って良いでしょう。

 

あるスクールでは、1レッスン(25分)を100円台以下で受けることができます。

 

またレッスンプランは、
毎日レッスンをすることを前提としているスクールが多いようです。

 

毎日、できるだけ多くのビジネス英会話のレッスンを受けたい方には、
適したオンライン英会話が多くあります。

 

フィリピン人講師系オンライン英会話のもう1つの特徴は、
大きなスクールならビジネス英会話向けの独自の教材が、
しっかりしていることが挙げられます。

 

その教材を見るだけで、ビジネス英会話に関する知識が得られるように工夫されています。

 

講師は、厳しい選考基準によって採用された優秀なフィリピン人です。

 

オンライン英会話のビジネス英会話コースのあるスクールは、
そのようなしっかりとした教材と優秀なフィリピン人講師により、
レッスンが行われています。

 

 

  <<おすすめオンライン英会話はここをクリック>>

 

 

 

オンライン英会話ビジネス
それでは、ビジネスコースを持つフィリピン人講師系のオンライン英会話の特徴を、
さらに深く考察していきましょう。

 

 

レッスン料金
レッスン料金体系の例を示します。
・毎日25分レッスンで月額12,000円、毎日50分レッスンで月額18,000円
・毎日25分レッスンで月額5,980円、毎日50分レッスンで月額9,800円

 

月額料金の高い、安いは別にしても、
毎日レッスンすることを前提にして料金が決められている
オンライン英会話が多いのです。

 

現在、ビジネス英会話を使って仕事をしている、あるいは、近い将来、
ビジネス英会話が必要になることが判っている方にとっては、
英会話の上達に多くの時間をかけるでしょう。

 

そのため、毎日レッスンベースの料金体系は、
1レッスンあたりの料金が安いので、ありがたい料金体系です。

 

ところが、一般的にみてオンライン英会話で毎日英会話レッスンをできる方は、
どの程度いるのでしょうか。

 

今日は、会社の仕事が終わらなくて残業をしてしまった。自宅に帰る時間
も遅いし、疲れている。

 

今日は、職場の歓送迎会があって、酔ってしまったので今からレッスンは無理。

 

その他のいろいろな出来事や行事が、ビジネスパーソンには多いものです。
その結果として、毎日フィリピン人講師と英会話レッスンができなかった、
という生徒が相当の割合でいるのが現実ではないでしょうか。

 

そのように考えていくと、フィリピン人講師との1レッスン単価は、
決して安くはなかったという結果になってしまう方が結構いるのでは
ないでしょうか。

 

他のレッスン料金体系としては、
・月4回レッスンで4,800円、月60回レッスンで19,800円

 

のように、月々のレッスン回数を選べるオンライン英会話もあります。

 

ただし、レッスン回数が少ないと、非フィリピン人講師系オンライン英会話
とあまり変わらない料金となってしまいます。

 

月に何レッスンのコースを選ぶかは、自分の目標などを良く考えてから、
決めた方が良さそうですね。

 

また、自分で行いたいレッスン数に合わせて事前にポイントを購入し、
レッスンを行う毎にポイントを消費していくレッスン料金体系があります。

 

自分の望むレッスン回数に合わせて、ポイントを購入すればよいので、
生徒にとっては、良いレッスン料金体系といって良いのではないでしょうか。

 

英会話講師によって、支払うポイント数が変わるオンライン英会話や、
どの講師であっても、一律のポイントを支払うオンライン英会話など、
スクールによってさまざまです。

 

ただし、このポイント制を採用しているオンライン英会話は、
非フィリピン人講師系にはありますが、フィリピン人講師系では、
少ないようです。

 

 

 

英会話講師
フィリピン人講師系オンライン英会話のある大手では、
日本の東大と言われるフィリピンの〇〇大学の卒業生のみを講師として採用している、
というキャッチフレーズが有名になりました。

 

今では、〇〇大学の卒業生のみでは講師数が足りなくなり、
その友人であれば同じような知的レベルを持っている人が多いという理由で、
友人も採用の対象にしているそうです。

 

フィリピンでは母語はタガログ語で、英語は第二言語の公用語として使われています。
教育を受けた人達は英語を話せるということから、
国際企業のコールセンターがフィリピンに多く設立されたのです。

 

更に、英語が話せることから、英会話講師として活躍するようになった訳です。

 

ある意味では、フィリピンという1つの国の国民の中から、
日本人に英会話を教えるだけの力量を持った人を探し出して、
トレーニングを重ねて講師として活躍できるまでになるまでには、
相当の時間を要しているでしょう。

 

どのフィリピン人講師系オンライン英会話でも、採用率10%とか、5%など、
講師の選考基準の厳しさを、
これから英会話を学ぼうとしている方々にアピールしています。

 

最初に履歴書などをベースにして、書類選考を行い、その後に面談して評価する。
面談に合格した者を、ネイティブ講師がトレーニングして、
講師として活躍できそうな者を採用する、
というステップを採っているオンライン英会話が多いようです。

 

もちろん、各オンライン英会話によって、選考ステップなり選考基準に特徴があります。

 

ビジネス英会話を教えるとなると、
ある期間に実際にビジネスに関わったことのある人に絞られてくるでしょう。

 

ビジネス英会話の言い方、言い回しを英語で覚えるだけでは、
ビジネス英会話を学ぼうとしている方に、
本物のビジネス英会話を教えることはできないからです。

 

フィリピンでは、1日の日給が日本の時給と同じ位のレベルですから、
1人前の講師にするために、多くの時間をかけてトレーニングができるようです。

 

また、国際的な英語教育資格である
TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)
等の資格を取らせるようにしているオンライン英会話もあります。

 

TESOLをとれば、
国際的にも英会話を教えるだけの能力があることを認められるからです。

 

このように、フィリピン人講師は、いくつもの選考ステップをクリアし、
多くのトレーニングで鍛えられた英会話講師なのです。

 

 

 

ビジネスコースレッスン内容
ビジネスコースのあるフィリピン人講師系オンライン英会話のレッスンの特徴は、
自社製のオリジナル教材を使用しているところが多いということです。

 

ビジネス英会話を学ぶ方のレベルによって、初級、中級、そして上級の
テキストが用意されています。

 

徹底的に教材を作りこんで、それをレッスンのベースにしているわけです。

 

教材がしっかりとしているということは、英会話講師が誰であっても、
容易に一定レベルのレッスンを行うことができることを意味します。

 

ビジネス英会話を学ぶ方からすれば、
教材によってしっかり英語表現を学び、
フィリピン人講師にバックアップしてもらえれば、
十分なレッスンができるのです。

 

一方で、CNNやBBC、VOAなどのニュース系ウェブサイト、
ビジネス英会話レッスン用のウェブサイトがあります。

 

中級者から上級者の方が、生のビジネス英会話を学ぶためには、
これらのウェブサイトを実際のレッスンに活用すべきでしょう。

 

また、従来からのビジネス英会話のテキスト製本も、電子書籍化が
進み始めています。

 

従来からあるテキストは、長年に渡って改良がなされていますので、
充実した有名なビジネス英会話用テキストがいくつもあります。

 

それらのテキストが電子書籍化すれば、
オンライン英会話で活用することができます。

 

ビジネスコースの英会話レッスンは、自社製テキストを基本としながらも、
ウェブサイト、電子書籍を活用して、生徒の要望に応えられるように
変貌していくでしょう。

 

そして、一方向性的なカリキュラムによるレッスンではなく、
実際にビジネスパーソンが困っている個別のシーンでの英語表現の問題に、
答えられるようなレッスンが求められてくるのではないでしょうか。

 

レッスンでは、生徒の個別のビジネスシーンを想定して、
ロールプレイを行うことなども考えられます。

 

そのような生徒からの質問に、十分に応えられるよう、
英会話講師も質の高さが求められるようになるでしょう。

 

フィリピン人講師系のオンライン英会話でビジネス英会話のレッスンをお考えの方に、
お奨めのスクールをご紹介していきます。

 

 

オンライン英会話 Bizmates

ビズメイツは、ビジネス英会話に特化したフィリピン人講師系オンライン英会話です。

 

何と言ってもその一番の特徴は、
厳選に厳選を重ねて採用したフィリピン人講師ではないでしょうか。

 

そしてビジネス英会話のトレーニングのために、充実した教材を用意してあります。

 

初心者の方から、ほぼネイティブレベルの方までに対応できる教材を、
無料で利用できるオンライン英会話となっています。

 

レッスン方法には、
ビジネス英会話用のビズメイツ独自のラーニング・メソッドが採用されています。

 

充実した教材と独自のラーニング・メソッドにより、
実際のビジネスで成果のあがる英会話力を身につけることができる
システムとなっています。

 

それでは、オンライン英会話ビズメイツの特徴をみていきましょう。

 

 

 

英会話講師
2015年のアンケート調査では、
レッスン受講生の89%が上達を実感したという一流のトレーナー陣を擁しています。

 

フィリピンの中でもビジネス経験を持つ人に限定し、
教える技術などを総合的に判断して、講師として採用しているそうです。

 

スーパーバイザーがいて、受講生からの評価を講師にフィードバックするシステムが、
構築されています。

 

トレーナー一覧では、各講師の自己紹介の生の声をビデオで聴けますので、
レッスンを予約する際に役立ちます。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
3つのレッスンプランがあります。

 

1つ目は、メインプログラムであるビズメイツプログラムです。
生徒のレベルに合ったテキストを使って、
ビジネス英会話を身につけることができるようになっています。

 

2つ目は、アザープログラムと言って、
特定の分野に特化したレッスンを受けることが出来ます。

 

例えば、スピーキング力に集中したプログラム、
E―メールの英文に特化したプログラムなどです。

 

3つ目は、アシストレッスンです。
生徒が現在困っている英語に関する問題を、
講師がパートナーとなって支援していくレッスンです。

 

たとえば、英語による面接がある場合には、
面接を模擬したレッスンを行い、アドバイスを受けることが出来ます。

 

また、プレゼンテーションのりハーサルを行って、
講師からコメントをもらうこともできます。

 

ビスメイツの英会話レッスンは、毎日レッスンすることがベースとなっています。

 

毎日レッスンを希望するビジネスパーソンにとっては、
選択できるコースが揃っており、とても役立つスクールです。

 

 

 

レッスン料金
毎日25分プランは、毎日25分のレッスンを行って月額12,000円(387円/レッスン)、毎日50分プランは、毎日50分のレッスンを行って月額18,000円(290円/レッスン)
の料金体系となっています。

 

 

 

ビズメイツの特徴のまとめ
オンライン英会話ビズメイツは、
ビジネス英会話に特化したフィリピン人講師のスクールです。

 

毎日レッスンを行うことを前提とし、教材、講師、レッスンコース
の揃ったオンライン英会話と言えるでしょう。

 

 

オンライン英会話BBTオンライン

BBTオンラインは、日本で初めてビジネス・マネジメントに特化した
オンライン英会話レッスンを提供しています。

 

ビジネスパーソンが英語のできることを前提とし、
どのように人を動かして結果を出すのかを追求したビジネス英会話を学ぶのが特徴です。

 

BBT大学のノウハウによるプログラムが用意されていますので、
より実践的なビジネス英会話を学べるのです。

 

効果の上がるカリキュラムとネイティブの心地良い会話録音のリスニングにより、
効率的英会話学習が可能となっています。

 

それでは、オンライン英会話BBTオンラインの特徴をみていきましょう。

 

 

 

英会話講師
ビジネス経験のある優秀なフィリピン人が、英会話講師となっています。

 

書類審査から始まって、面接などの5段階のステップにより選考された講師が、
英会話レッスンを行います。

 

また、採用後の半年間は、
トレーニングにより「英語が話せる」から「英語を教える」技術を学びます。
ライティングやグラマーについても、
生徒からの質問に答えられるように訓練しているそうです。

 

講師紹介のページでは、講師の写真、経歴と共に、英語のスピーキングを
直接聞くことができますので、レッスン予約の際には役立ちます。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
ビジネスコースとマネジメントコースの2つのコースがあります。

 

ビジネスコースは、会議や商談など一般的なビジネスシーンを想定したビジネス英会話を学ぶコースです。

 

日常的なビジネスパーソン同士の英語によるコミュニケーションを学習したい方に、
向いたコースです。

 

もう1つのコースはマネジメントコースで、
マネジメント上の難題を英語で解決できる能力を開発します。

 

人材の採用、レイオフ、あるいは企業間のトラブル解決などを想定していますので、
英会話の難易度はかなり高度となります。

 

この2つのコースの他に、入門コースとして英文Eメール講座もあります。

 

この講座は、映像講座と実際に作成されたEメールの通信添削により、
英文を書く英語力を短期間で身につけることが出来ます。

 

 

 

レッスン料金
1回(1セッション)のレッスン時間は、25分となっています。

 

ビジネスコースは、4回から120回までの料金コースに別けられています。
4回の場合は、支払金額が税抜7,200円(1,800円/回)、
120回の場合は、税抜151,200円(1,260円/回)となっています。

 

一方、マネジメントコースの場合は、3回から90回までの料金コースに
別けられています。
3回の場合は、支払金額が税抜7,200円(2,400円/回)、
90回の場合は、税抜151,200円(1,680円/回)となっています。

 

 

 

BBTオンラインの特徴のまとめ
オンライン英会話BBTオンラインの特徴は、
一般的なビジネス英会話のレッスン以外に、
人事、企業間交渉に役立つマネジメントコースがあることでしょう。

 

 

オンライン英会話 Linguage Speak

 

オンライン英会話リンゲージスピークは、オンラインビジネス英会話をメインにしてレッスンを行っているフィリピン人講師系のスクールです。

 

大手企業の英会話研修の長年の実績に基づき、リンケージ英会話メソッドを開発しました。
企業が求める明確な効果を、学習者から引き出すための独自の手法です。

 

このメソッドによれば、
講師のリードにより生徒は自然に英語を話すようになっていきます。

 

講師がレッスンの主体ではなく、生徒がレッスンを進めていく主体なのです。
この学習者の姿勢が、オンライン英会話でのレッスンの成果につながっていくのです。

 

それでは、オンライン英会話リンゲージスピークの特徴をみていきましょう。

 

 

 

英会話講師
フィリピン人講師が、英会話レッスンを行いますが、
そのフィリピン人講師への指導は、日本人メソッド指導者が行っています。

 

日本人メソッド指導者は、日本の外語大を卒業した後、
アメリカへ留学して修士を取得された方、
有名私立大学英語学科を卒業後、外資系金融業界の経験のあるビジネス英会話のプロ、
日系ネイティブの方などです。

 

フィリピン人講師も、
フィリピン大卒のTESOL資格保有者、
セブ大卒、セブ工科大学大学院卒でTESOLの有資格者等、
高学歴者が揃っています。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
オンライン英会話のコースとして、カリキュラム型レッスンと英会話型レッスンがあります。

 

カリキュラム型レッスンでは、ビジネス英会話コースがメインとなっています。
ビジネスパーソンに直結したオリジナルテキストを使用して、
初めて面談する方との挨拶の仕方、海外顧客を対象としたプレゼンテーションの仕方
などを具体的に学びます。

 

ビジネススキルコースでは中級と上級者を対象として、
生徒からのアウトプットを中心としたレッスンを行います。

 

また、CNNのニュースを聞いてディスカッションを行うコースでは、
朝日出版社のCNNニュース・リスニングをテキストとして使用します。
英会話上級者までを対象としたコースです。

 

一方、英会話型レッスンでは、講師とロールプレイや自由英会話を中心とした
オンライン英会話レッスンとなります。

 

例えば留学前コースでは、
留学先で遭遇すると予想されるいろいろなシチュエーションを想定して、
役立つ英語表現を学びます。

 

また、特定の教材を指定しないCONVERSATIONコースもあります。
生徒が講師にテーマを提示してレッスンを行います。

 

 

 

レッスン料金
リンゲージスピークのレッスン料金体系は、概略以下のようになっています。

 

ビジネス英会話コースとビジネススキルコースは、
4ヵ月プランが25分レッスン38回で税抜38,000円(1,000円/レッスン)、
6ヶ月プランが25分レッスン62回で税抜55,000円(887円/レッスン)となっています。

 

CNNのディスカッションコースも、
4か月プランが25分レッスン40回で税抜38,000円(950円/レッスン)です。

 

一方、英会話型レッスンの留学前コースとCONVERSATIONコースは、
1ヶ月プランが25分レッスン30回で税抜8,000円(267円/レッスン)となっています。

 

 

 

リンゲージスピークの特徴のまとめ
オンライン英会話リンゲージスピークは、
大手企業への長年の英会話研修の実績をもとに創立されました。

 

その長年のノウハウを活かして、フィリピン人講師により、
独自のビジネス英会話レッスンを行うことを特徴としたスクールと言えるでしょう。

 

 

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話は、初級者から上級者までしっかり
ビジネス英会話が学べるフィリピン人講師のオンライン英会話です。

 

産経新聞グループの産経デジタル、
学ぶ、働く、を応援するヒューマンホールディングス株式会社、
そしてIT企業のトランスコスモス株式会社
による共同事業として産経オンライン英会話は運営されています。

 

また、教育ISO認証である「ISO29990」や「ISO29991」を取得しており、
体系的に管理された組織としてスクールが運営されています。

 

カリキュラムは、日常英会話、職業別英会話、
フリートークレッスンなど数多くありますが、
ここではビジネス英会話に絞ってご紹介していきます。

 

 

 

英会話講師
厳しい5段階の審査に合格したフィリピン人のみを、
講師として採用しています。

 

まず、最初は、学歴や英語力を書類で選考します。

 

次に面接を行い、英語の発音が正確かどうか、
生徒への教え方が適切であるかを審査します。

 

そして、日本人に対する教え方やテキストの使い方のトレーニングを行います。

 

4番目は、実際に日本人に対する模擬レッスンを行って、
最終的に採用するかどうかを審査します。

 

これだけの選考過程を経て選ばれる講師は、応募者の5%にすぎません。
講師一覧に掲載されたフィリピン人は、全員優秀な講師ばかりです。

 

ビジネス英会話のレッスンを受けるのに、適した講師陣と言って良いでしょう。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
ビジネス英会話のレッスンは、主に4つのテキストを中心として進められます。

 

初級用テキストでは、自己紹介や依頼をする際のビジネスシーンを見て、
仕事上良く使われる英単語を覚えます。

 

初中級用テキストでは、ビジネスシーンの中で、
中学から高校初級レベルの英語表現を学びます。

 

中級用テキストでは、ビジネスの打合せや海外出張に対応できるレベルを目指します。
ビジネス英文を読んでの会話も含まれており、英検2級程度を目安としています。

 

中上級用テキストでは、
ビジネス会議でのディスカッション、プレゼンテーションなどをテーマとします。
また、海外出張を単独でこなせるレベルを目指します。

 

 

 

レッスン料金
月額会費は、
毎日25分プランで5,537円(税込:5,980円)、
毎日50分プランで9,074円(税込:9,800円)、
週末毎日50分プランは金曜日、土曜日、日曜日限定の50分レッスンで、
5,537円(税込:5,980円)となっています。

 

 

 

産経オンライン英会話の特徴のまとめ
産経オンライン英会話は、教育ISO認証を持ったスクールであり、
管理の行き届いたオンライン英会話です。

 

フィリピン人講師も厳選された方々なので、
ビジネス英会話を学ぶには良いオンライン英会話と言えるでしょう。

 

 

オンライン英会話 ELTO

オンライン英会話ELTOは、
ビジネス英会話のレッスンを主体としたスクールです。

 

オンライン英会話ELTOの最大の特徴は、
1つには動画の教材を徹底して利用していることです。

 

ハリウッドの俳優の動画など、ネイティブスピーカーの動画を観ることにより、
発音の正確な英語に長い時間触れることができます。

 

ネイティブの英会話を聞き、発音の練習を繰り返すことによって、
自然に英語脳ができてくることを目指しているのです。

 

そして、2番目には、動画をレッスンの予習に使うことです。

 

一般的には、最初に英会話レッスンを行い、
後で復習をするパターンが多いと思いますが、
その発想を逆転させるのです。

 

動画で予習し、レッスンをインプットの時間とするのではなく、
アウトプットの時間とすることを目指していることに特徴があります。

 

このレッスンに対する発想によりビジネス英会話の理解度を高めていくのが、
オンライン英会話ELTOの手法です。

 

次に、スクールの概要を紹介します。

 

 

 

英会話講師
フィリピン人学生などは採用せず、
正規雇用のプロのフィリピン人英語講師を採用しています。

 

採用されるまでには、書類審査、面接、筆記試験、研修、レッスンの実践試験など
7つのステップで合格しなければなりません。

 

採用後も、毎日オフィスでレッスン方法についてのミーティングを行い、
良いビジネス英会話のレッスンを提供できるように研鑽を積んでいる講師ばかりです。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
ビジネス英会話1中級編では、20本の動画が用意されています。
自己紹介から始まって、同僚の紹介、探し物の尋ね方、伝言の受け取り方など、
すべてレッスン用の動画が用意されています。

 

ビジネス英会話2中級編では、質問の対応の仕方、賛成、反対の言い方、
自分の意見の言い方、発注の仕方など、レベルを上げたビジネス英会話が学べます。

 

ビジネス英会話プレミアコースでは、
面談対応、ミーティングなどの応用を学べるようになっています。

 

また、会計コースのビジネス英会話、サービス業界のビジネス英会話があります。

 

更に、医療英語アカデミーコースもあって、
中級、上級では、呼吸器科、循環器科など医療の専門科目毎のコースが
学べるようになっています。

 

 

 

レッスン料金
毎日25分プランの月額料金が、税込みで7,000円となっています。

 

 

 

オンライン英会話ELTOの特徴のまとめ
オンライン英会話ELTOは、
ネイティブスピーカーの動画を教材として利用する、
ビジネス英会話のスクールです。

 

コースが多義に渡っており、
厳選されたフィリピン人講師により英会話レッスンのできる
オンライン英会話となっています。

 

 

オンライン英会話 e英会話

オンライン英会話のe英会話の最大の特徴は、
学習カリキュラムが15コースもそろっていることでしょうか。

 

日常英会話やこども英会話、TOEIC特訓コースなど、
さまざまなコースが用意されており、
ビジネス英会話もそれらのコースの内の1つです。

 

レッスンの品質に関しても、
オンライン英会話だからこその大きなこだわりを持っています。たとえば、

 

・光回線は事故があってもレッスンを継続できるように、バックアップを含め3本にする、
・メンテナンス用のエンジニアが常時サーバーを監視している、
・他社のオンライン英会話と異なり、
隣のブースのレッスン音声が聞こえることがないように防音ブース構造としている、
・ひとつのスクリーンに、テキストと講師、受講生の映像を共有できる、
・選任の日本人カウンセラーによって、英会話レッスンの進め方、レッスンの計画、
受講生に合った講師の紹介など、きめこまかなサポートをしている、

 

などが挙げられます。

 

それでは、オンライン英会話e英会話の概要をご紹介します。

 

 

 

英会話講師
フィリピン人の講師は、
2.4%の採用率により選抜されたダントツの質の高さが特徴となっています。

 

書類選考、英語力検査、現地マネージャー面接を経て、
日本人マネージャーによって最終選考されて、
初めてオンライン英会話e英会話の英会話講師になれるのです。

 

また、毎日4時間に渡ってレッスン方法や発音のトレーニングを行い、
質の維持を図るため定期的にテストを実施しています。

 

各講師のレッスンスケジュール表を見ても、
ほとんどの予約可能時間は予約済みとなっており、
受講生のレッスンに対する期待の大きさがわかります。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
ビジネス英会話コースでは、
主人公のアレックスがビジネスパーソンとして成長していく過程を、
レッスンの教材としています。

 

すべてのビジネス場面を収録してあり、
初級者、初中級者、上級者向けビジネス英会話を各々49ユニットずつ、
合計147ユニットのテキストを使ってレッスンができるようになっています。

 

一ヵ月に30分間のレッスンを10回受けたと仮定すると、
1年3ヵ月で全ユニットを修了できることになります。

 

これだけの量のビジネス英会話レッスンを継続すれば、
英会話力も間違いなく向上するでしょう。

 

 

 

レッスン料金
月謝は次のようになっています。
一番レッスン数の少ない30分のレッスン月4回で、4,800円(1,200円/回)
一番レッスン数の多い30分レッスン月60回で、19,800円(330円/回)

 

 

 

オンライン英会話e英会話の特徴のまとめ
フィリピン人を英会話講師とするオンライン英会話e英会話は、
レッスンの質にこだわります。

 

それは、講師、テキスト、レッスン環境、レッスンの安定性に表れています。

 

その分、他のフィリピン人講師のオンライン英会話と比較して、
レッスン料金が高めとなっています。

 

 

オンライン英会話 ラングリッチ

オンライン英会話ラングリッチは、
2015年に米国イングリッシュセントラルと事業統合をしました。

 

この結果、ラングリッチは200万人を超える英会話学習者に
オンライン英会話を提供する世界有数のサービス会社となったのです。

 

この事業統合により、
イングリッシュセントラルの持つ動画教材を利用できるようになりました。

 

ビジネス英会話についても、
動画によるレッスン、テキストによるレッスンと、
多彩なレッスンが可能となったのです。

 

また、ビジネスパーソンを念頭に、
朝の5時から深夜の1時までオンライン英会話を提供しています。

 

さらに、フィリピンで日本大使館を入居している建物にオフィスがあります。

 

講師は個々のスペースを割り当てられてレッスンができますので、
フィリピンからでも品質の安定したスカイプレッスンを提供できるのです。

 

このようなレッスン環境が、
ビジネスパーソンに快適なビジネス英会話の学習環境を提供できる理由
となっているのです。

 

それでは、ラングリッチの概要をご紹介しましょう。

 

 

 

英会話講師
フィリピン人の採用率は、2%という厳しさです。

 

いくつもの選考過程を合格してきたフィリピン人のみが、
英会話講師になれるのです。

 

さらに、空き時間を利用して英会話レッスンのトレーニングを行い、
能力査定を行うことでレッスンのクオリティを維持しています。

 

 

 

ビジネス英会話のレッスン内容
ラングリッチでは、さまざまな教材を利用することができます。

 

例えば、動画でのレッスンができます。
スティーブジョブスのスピーキングを最初に聞き、
次にスクリプトの単語の一部を穴埋めする、話してみる、
のレッスンができるようになっています。

 

テキストには、ビジネス英会話テキストがありますし、
今まさに話題となっているニュース教材、
フィリピン講師と1対1で行う面接教材などがそろっています。

 

どの教材もビジネス英会話のレッスンに適した教材です。

 

これらの教材を上手に選択して、フィリピン人講師からレッスンを受ければ、
ビジネス英会話の上達も早いでしょう。

 

 

 

レッスン料金
毎日25分レッスン1回で、月額6,000円
毎日50分レッスン2回で、月額10,000円
ビデオを見てレッスンを行う自習ビデオレッスンと、ビデオレッスン10本毎の
フィリピン人講師との1 to 1レッスンコースで、21,600円

 

となっています。

 

 

 

オンライン英会話ラングリッチの特徴のまとめ
ネイティブスピーキングの動画教材と、
種々のテキスト教材が豊富であることが特徴の、
オンライン英会話と言ってよいでしょう。