オンライン英会話 ビジネス英会話

ビジネス向け海外週刊誌

オンライン英会話ビジネス
ビジネスパーソンがビジネス英会話を学習するのに役立つ洋雑誌の中に、
英文の週刊誌があります。

 

ビジネスについての世界の動向が判りますし、
毎週購読していれば半分強制的に読むことになり、
ビジネス英語の勉強にはお奨めのテキストと言って良いでしょう。

 

英字新聞を毎日読む時間はないけれど、
月刊誌では物足りないと思われている方には、
丁度良いテキストとなるのではないでしょうか。

 

また、ビジネス社会の動向を洞察した記事が多いことでも見逃せません。

 

記事の中に出てくる英単語が、
ビジネスを進める上で良くに使われることもあり、
ボキャブラリーを増やすのにも役立ちます。

 

覚えたボキャブラリーは、
オンライン英会話のレッスンの中で実際に使ってみると、
忘れることはないでしょう。

 

それでは、代表的な週刊誌をご紹介していきます。

 

 

 

FORTUNE
日本でも、フォーチュンという名称でよく知られていますね。
タイム・ワーナー社の子会社であるタイム社が発行しており、
世界の120国で売られ、約500万人が購読する英文ビジネス誌です。

 

発行は隔週となりますが、発行部数は100万部を超え、
世界最大のビジネス誌となっています。

 

一年に一度発表されるFORTUNE Global 500には、
会社の年度別の売上高ランキングや純利益ランキングなどが掲載されており、
ビジネス界から注目を集めています。

 

発表されたらオンライン英会話のレッスンの中で、
トピックとして取り上げてみてください。

 

 

 

TIME
タイムは、1923年にアメリカで創刊された歴史の古い英文週刊誌です。

 

政治や経済に限らず、
最先端のサイエンス、エンターテイメントについての論評など、
幅広い分野を扱っています。

 

自分で興味のある記事を見つけて、
丁寧に読むとビジネスにも役立つと思います。

 

パーソン・オブ・ザ・イヤーでは、その年に最も活躍した人を選び、
タイム100では、その年の最も有力な100人を発表しています。

 

オンライン英会話のレッスンの中でも、
話題にできる記事が数多く掲載されています。

 

 

 

NEWSWEEK
ニューズウィークも、1933年にアメリカにおいて創刊されました。
アメリカ国内のニュース関係の雑誌としては、
発行部数がタイムに次ぐ2位のとなっています。

 

赤字による売却などの歴史がありますが、
現在でも印刷版が発行されており、
世界の読者は2,500万人と言われています。

 

全世界に22局の支局を持ち、東京にも支局があります。
まさに世界のニュースを掲載している英文週刊誌となっています。

 

世界が判るニューズウィークを読んで、
オンライン英会話のビジネス英会話レッスンにぜひ活用してみてください。